節分の開運紙袋

節分の開運紙袋

神戸市の生田神社で毎年節分の豆まきを行っている。
有名人も登場するのでテレビでも紹介されることになる。
この生田神社は藤原紀香さんと陣内貴則さんが結婚式をあげたことで全国に有名になったのですが、もともと関西では知らない人がいないほど有名です。
結婚式も古くから多くの人が挙げている。
専用の披露宴会場を神社の境内に建てているのも理由だと思う。
兵庫県では初詣でも一番多い神社です。
生田神社では2月3日の節分の準備でを、「福豆」の袋詰め作業に忙しいらしい。
煎(い)った大豆を1袋に約200粒ずつ手作業で入れているのです。2月3日当日までには3000の袋詰めができるという。ちなみに、1袋300円で販売される。この豆を買った人は自宅に持ち帰って豆まきをするのです。

この豆は神前に供えておはらいをした豆なのです。その豆を「開運」「厄除(やくよけ)」と印刷した紙袋入れているので邪気を払い出すのに効くそうです。

今年はインフルエンザが大流行しているし、景気も悪いので、この生田神社の福豆で家内の邪気を払ってはどうでしょうか。

2009年1月31日||トラックバック (0)

カテゴリー:生活の紙袋

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://town3.com/mt/mt-tb.cgi/10

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。