みやざき物産館の紙袋

みやざき物産館の紙袋

東国原知事が就任してからPRの頻度が増えた宮崎県は、
こんどは「優良県産品」という新たな制度を導入したと発表した。

これは宮崎県の優良な商品を宮崎県が認定推奨する制度なんです。
認定を受けるには、いろいろと諸条件があるのですが、宮崎県のお墨付きが
もらえるとあって地元企業ではさっそく自社の商品をもちこんだそうです。

まず商品の条件として、まずは県内の企業が県内の物産で製造したものであること。
商品の味、価格、見た目が優れていることを審査するのです。
そして衛生面や表示が法令を尊守しているかチェックの後認定されるのです。

今年度は66品目の申請があり、23品目が認定されたのです。

面白いのは、この認定マークのデザインのことです。

みやざき物産館で買い物をすると紙袋に入れてくれるのです。
その紙袋にはおみやげ物らしいデザインが印刷されているのです。
この紙袋のデザインを流用して認定マークのデザインを作ったということです。

普通はマークが先にできて、そのマークを紙袋のイメージとして使う。
それが反対に紙袋のデザインを後で決まった制度のマークにするという。
これは珍しいケースですね。

新たにデザインを作るとお金がかかるわけで、もう既に観光の紙袋として
認知されているデザインを使ったほうが効果もあるしお金の節約になる。
わるい考えではないですね。

しかし宮崎県は既に地域特産品マークを優良な農産物につけているのです。
部署が違うので2重の認定制度というのはいかにもお役所仕事といえる。


2009年2月 5日||トラックバック (0)

カテゴリー:ビジネスの紙袋

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://town3.com/mt/mt-tb.cgi/14

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。