2009年5月の記事一覧

ストーンペーパーの紙袋

石から抽出した無機鉱物粉末から作った紙があります。
Keeplusという製品名で販売されているのです。
普通の紙とは全く違って、木材や植物を一切原料に使っていません。
その上、紙の製造工程で必要とされる水を使うことがないのです。
一般的に紙1トン製造する際に4トンの水が必要とされています。
その排水は汚染された水のために海の水質汚染の原因にもなっています。
原料にしているのは石灰石で、炭酸カルシウムを抽出します。
その炭酸カルシウムを80パーセント以上と樹脂と添加剤を混ぜて製造します。
全世界48カ国で特許をとっているストーンペーパーです。
見た目は普通の紙と変わりません。印刷も綺麗に出来るのです。
樹脂は石油製品ですから、まったく資源を使わないということもないですが、
木材パルプを原料にした紙と比較すると、はるかに環境に優しく、
そしてCO2の削減にもなります。
ストーンペーパーの価格は一般の紙と比べて高いですが、
環境に優しい製品が多く使われるようになればいいですね。

2009年5月22日||トラックバック (0)

カテゴリー:ビジネスの紙袋

広島新球場の紙袋

広島市に完成したマツダスタジアム(新広島市民球場)の特性紙袋。

球場正面にあるカープ球団のグッズショップでは、新球場初勝利翌日の中国新聞朝刊をデザインした紙製買い物袋の利用が始まった。カープと中国新聞社が共同 で1万袋を製作。約30センチ四方の紙袋に、12日付朝刊の題字やスポーツ面が張りつけてある。カープ勝利の記事と前田健投手のガッツポーズ写真に、「マ エケン刻んだ一歩」の見出しが躍る。開場記念Tシャツ(4000―2500円)を買えば無料でプレゼント。広島の友人たちと観戦に訪れた東京都町田市の飛 田賢二さん(38)は「面白いお土産ができた。関東のファン仲間に自慢します」と笑顔で持ち帰った。(中国新聞より

この紙袋は4月11日の対中日戦のマツダスタジアムでの初勝利を記念して製作されたもの。
数量限定ということなので、もう在庫が無いかもしれない。

しかし広島カープショップでは、可燃ゴミ用の広島カープオリジナル紙袋なるものが販売されている。地域によっては使えないかもしれないが、遊び心満載のゴミ袋です。ファンなら購入して使い道を考えるのも楽しいと思われる。

2009年5月 2日||トラックバック (0)

カテゴリー:趣味の紙袋

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。