ストーンペーパーの紙袋

ストーンペーパーの紙袋

石から抽出した無機鉱物粉末から作った紙があります。
Keeplusという製品名で販売されているのです。
普通の紙とは全く違って、木材や植物を一切原料に使っていません。
その上、紙の製造工程で必要とされる水を使うことがないのです。
一般的に紙1トン製造する際に4トンの水が必要とされています。
その排水は汚染された水のために海の水質汚染の原因にもなっています。
原料にしているのは石灰石で、炭酸カルシウムを抽出します。
その炭酸カルシウムを80パーセント以上と樹脂と添加剤を混ぜて製造します。
全世界48カ国で特許をとっているストーンペーパーです。
見た目は普通の紙と変わりません。印刷も綺麗に出来るのです。
樹脂は石油製品ですから、まったく資源を使わないということもないですが、
木材パルプを原料にした紙と比較すると、はるかに環境に優しく、
そしてCO2の削減にもなります。
ストーンペーパーの価格は一般の紙と比べて高いですが、
環境に優しい製品が多く使われるようになればいいですね。

2009年5月22日||トラックバック (0)

カテゴリー:ビジネスの紙袋

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://town3.com/mt/mt-tb.cgi/30

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。