紙袋を作るなら専門の会社へ

紙袋を作るなら専門の会社へ

紙袋を作る業種は印刷業になります。
紙袋の印刷、製造は専門会社の商業印刷がお奨めです。
実は紙袋の製造工程は、印刷と製袋に大きく分かれるのです。
それでは順を追って説明していきます。

まず印刷からわかりやすく説明していきます。紙袋というのは1枚の紙を折り曲げて、糊で貼って、また折り曲げて糊を貼る。そして最後にヒモを付けて出来上がります。

紙袋は立体ですが、元は1枚の紙で出来ているんです。小さめの紙袋でも、実際に展開して広げてみると結構大きい紙が使われていることがわかります。つまり、印刷工程では大型の印刷物の分野になります。

大きな印刷機ですから、どの印刷会社でも印刷が出来るという訳ではありません。また印刷するときは広げた紙の状態ですが、それを折り曲げて、糊貼りして最終的に立体物を作るのです。したがって印刷が出来ていれば良い訳ではありません。実際に立体になったときに、おかしなところが無いのか、ちゃんとした袋になるのか、理解していないと良い袋はできないのです。

したがって、紙袋の印刷は専門で製造している会社にまかせたほうが安心なのです。

次に製造工程です。紙袋は機械で作るものと人間の手で加工するものに別れます。なぜなら機械で作れるものはサイズに限定があるのと最低製造ロットがあるというものです。ロットは2000枚以上あれば機械で製造することができます。大丈夫です。サイズについては具体的にいうと長くなりますので、問い合わせたほうがいいのでしょう。

ヒモは、ハッピータック、アクリルスピンドル、PPヒモなどがあります。価格も多少違いますので実際にご確認ください。

2009年7月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:ビジネスの紙袋

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://town3.com/mt/mt-tb.cgi/35

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。