セメントの紙袋で作る鍋

セメントの紙袋で作る鍋

昔は炭鉱 今はホルモン 旨い!「トンチャン鍋」 スポニチニュースより

「月が出た出た月が出たあーよいよい」という節を一度は聞いたことがある人は多いと思います。この炭坑節で知られるのは福岡県田川市です。現在は炭鉱も閉山され寂しい街なのですが、かつて炭鉱マンたちで活気があった当時はホルモン料理で「トンチャン鍋」というものがありました。

 炭鉱閉山で衰退した地元の町おこしに「トンチャン鍋」を名物にして盛り上げようと市職員の若手有志が取り組んでいるのです。
炭鉱マンたちの「過酷な労働を支えたスタミナ源」というエピソードは注目されるだろうと。さっそく食べ歩きに便利な「田川ホルモンマップ」を作り、会員が市内の焼き肉店で1品サービスなどを受けられる愛好会「田川ホルモン喰楽歩(くらぶ)」も立ち上げた。

 トンチャン鍋は、豚や牛の内臓をみそやしょうゆベースのたれであえたもので、野菜もたっぷり入れるヘルシー料理だ。かつてはセメントを入れる紙袋を鍋代わりに使ったこともあるという。しちりんにセメント紙袋を載せて、鍋代わりに利用したという。今では衛生的な問題から使うことはありえないでしょう。当時の面影を残す形として、名物にしたい「トンチャン鍋」の料理用として中央がへこんだ鉄板を使う。

 愛好会の会長で市企業誘致育成推進室の金子和智さん(38)は「安くて栄養があり、酒にも白いご飯にも合う。旧産炭地ならではの食文化を全国に広めたい」と意気込む。3月には北九州市でご当地グルメイベントに参加し、1000食を瞬く間に完売したという。

 ご当地料理を名物にするのは、町興しにちょうどいいですね。トンチャン鍋ですが、内臓肉と野菜を味噌ベースで食べるのは、もつ鍋と同じ?ということは追求しないでください。
鍋の形に意義があるのですから、そこを楽しみましょう。
福岡県田川市に行かれることがあれば、鍋好きの人なら是非味わってください。
 

2009年7月10日||トラックバック (0)

カテゴリー:趣味の紙袋

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://town3.com/mt/mt-tb.cgi/38

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。