2009年11月の記事一覧

紙袋を回収して給食費にする

紙袋のリサイクルは、リサイクルの中でも進んでいるほうだと思われる。しかし、新聞などの固有の製品については回収率が高いが、雑紙といわれるカテゴリに属する紙は回収が進んでいない。
雑紙とは、紙袋や紙箱、カレンダーなどであるが、これらの雑紙のほとんどは焼却処分されているのが実情だという。
栃木県の真岡青年会議所では、こうした雑紙を集めてリサイクル活動を通して飢餓に苦しむ国の子供たちの給食費に宛てようと福祉活動を行った。
11月23日に教科書、包装紙、ノート、メモ用紙などを回収した。
本来なら焼却されてしまう物を回収してリサイクルするのは、紙の資源を有効に使うことと、飢餓の子供たちを救うこと、そして焼却する燃料の節約にもなります。
このような善意のリサイクルはもっと盛んになってもらいたいものである。限りある資源を有効に使うことはもちろんのこと、地球に住む人間通しが思いやる心は大切です。

2009年11月24日||トラックバック (0)

カテゴリー:生活の紙袋

銀細工の紙袋

アクセサリーに紙袋というのは初めてなので紹介します。
銀細工のお店の新作ということでブログにアップされていました。
商品はキーホルダーで紙袋と宝石がセットになったようなものです。
なんでも今年のクリスマスプレゼント用に作った新作だそうです。
紙袋が装飾品になるほど世の中に必要なアイテムとして認識されているのでしょうね。
電車に乗っても紙袋を見ないことがないほど使われている。
仕事の何か書類を入れていたり、個人の私物であったり、
または買い物をした商品であったり色々です。
そして紙袋そのものも、デザインが違うし個性的なヒモが着いていたり、
本当に多種多様なものを見ることができます。
そして今回は紙袋のアクセサリーです。
手作り銀細工のショップですから、きっと材質は銀なのだと思います。
デザインも洒落ていて結構なものですよ。

2009年11月17日||トラックバック (0)

カテゴリー:趣味の紙袋

ユニクロの紙袋

ユニクロパリ店の開店記念に制作された紙袋には、
水木しげるのゲゲゲの鬼太郎が印刷されている。
この紙袋について素晴らしい考察を書いているブログが
あったので紹介しておきます。
ユニクロの紙袋が思わぬセンスにと題した記事です。
おそらくこの記事は水木しげる氏の漫画は
人間の背景がしっかりしているので素晴らしいとの評価を
安売りのユニクロが使ったということに何かを感じた。
そのような印象を受ける。
ユニクロというと若者の代表的なファッションリーダーのひとつである。
そこに若者が好む漫画の中でも、いつまでも存在感を保っている
水木しげる氏の漫画を印刷した紙袋を見て、
ユニクロも安売りだけの店でなくて
全体的にセンスがよくなったと感じているのだろうと
私は思った。

2009年11月12日|

カテゴリー:生活の紙袋

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。