素麺の紙袋

素麺の紙袋

夏といえば素麺を食べる機会が増えると思う。
兵庫県穴栗市は製麺工場が多くあり、
減量の粉を入れる紙袋は廃棄されていた。
それを穴栗市の環境問題に取り組む主婦のグループ
しそうエコの実がリサイクルをアピールするために使った。
まず製麺工場から使用済もの袋をもらい。
それを適当な大きさにカットして手提げ袋に加工。
ボランティアまつりで配布するとともに製作体験会も行なう。
粉の袋には記号や品名などが印刷されており、
それが手提げ袋にすると意外にも面白いデザインになる。
名づけて素麺バッグである。
7月24日に200個を配布する予定。
リサイクルの大切さを訴える。

2010年7月23日|

カテゴリー:生活の紙袋

オリジナル紙袋の印刷は 商業印刷株式会社のサイトにて詳しく説明されています。 デザイン、用紙、印刷、製造まで 初めての作る人でもわかるように解説があります。 電話で相談もありますので、紙袋印刷専門で30年以上の実績のある 会社で購入すると安心です。